カラコンの外し方…取れない時はどうするの!?

カラコンの外し方、慣れない間は少し難しく感じるかもしれません。

目に張り付いてなかなか取れない時など、焦りますよね。

でも、無理に取ろうとするのは禁物。

目やレンズを傷つけてしまう恐れがありますよ!

カラコン 外し方 画像

正しいカラコンの外し方の手順や、取れない時の対処法を紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

カラコンの正しい外し方

カラコンを付ける時もそうですが、カラコンを外す時にも、まずは手や指を清潔にしてください。

ゴミや雑菌の付いた手でレンズや目に触れると、目がゴロゴロしたり、病気の原因になってしまいます。

必ず、カラコンを外す前に、石けんで手を洗うようにしてくださいね。

 

次に、鏡を見てレンズの位置を確認しましょう。

レンズが確認できたら、利き手の中指を使い、下まぶたを引き下げてください。

同じ手の人差し指で、レンズを黒目から少し下へずらします。

これは、外す時に角膜を傷つけないようにするためです。

そのまま人差し指に親指を添えて、そっとレンズをつまむようにして外します。

 

爪を立てるとレンズを傷つけてしまいますから、指の腹を使って、優しくつまんでくださいね!

カラコンを扱う時は、爪が伸びていないか、事前にチェックすることも大事です。

 

カラコンが取れない時の対処法

以上のような手順を踏んでも、カラコンが取れない時…

目にしっかりと吸着していて、どうやっても動かない! なんて時には、どうしたら良いのでしょうか。

 

そんな時は、焦って無理に取ろうとせずに、目薬をさしてください。

目に潤いを与えると、レンズが外れやすくなりますよ。

なかなか取れない場合は、たっぷりと目薬を垂らし、目とレンズの間に水分を行き渡らせましょう。

十分に目が潤ったら、スルッと簡単に外れますので、焦らずにゆっくり試してください。

カラコン 外し方 画像

もし、どうしてもうまくいかないという時は、眼科へ行ってお医者さんに取ってもらいましょう。

とにかく無理をしないことが大事です。

目やレンズを傷つけてしまうと、目の病気を引き起こしてしまう恐れもありますからね。

 

また、毎回取れにくくて時間がかかるという人は、使用しているカラコンが目に合っていない可能性もあります。

このような場合も、一度眼科で相談してみることをおすすめします。

 

カラコンの外し方、正しい手順は分かりましたか?

清潔な手で、焦らずゆっくりと外すことを心がけてくださいね。

レンズをつまむ時は、爪を立てないように気をつけて、指の腹で優しくつまみましょう。

 

カラコンが取れない時は、目の乾きが原因です。

目薬で目を潤して、自然にレンズが浮いてくるのを待ちましょう。

とにかく無理をせず、自分で取ることができない時は、眼科へ行くようにしてくださいね!

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

コメントを残す

<スポンサードリンク>
サブコンテンツ

このページの先頭へ