カラコン初日、装着時間はどのくらい? 慣らし方は?

カラコン初日、いきなり長時間付けてしまったという人はいませんか?

カラコンの装着時間は、製品によっても異なりますが、一日8時間程度が目安ですよね。

でも、最初はもっと短い時間から、少しずつ慣らしていく必要があるんですよ!

カラコン 画像

初めてカラコンを付けると、デカ目効果にテンションが上がってしまって、外したくないと思うかもしれません。

とは言え、カラコンは目にかなりの負担をかけるもの。

初日から、いきなり何時間も付けっぱなしにすると、目が疲れてしまいます。

 

カラコン初日の装着時間や、慣らし方について解説します。

 

カラコン初日、装着時間に気をつけて!

カラコン初日は、装着時間を1~2時間程度におさえるようにしましょう。

初めてカラコンを付けると、目にはかなりの負担がかかっています。

付けてすぐ、違和感を感じてしまう人も少なくありません。

たとえ1時間たっていなくても、違和感を感じたら、目が疲れてきている証拠です。

すぐに外して、その日はもうカラコンを付けないようにしたほうが良いでしょう。

 

せっかくおしゃれを楽しみたいのに、1~2時間では物足りないと感じるかもしれませんね。

でも、一生付き合っていく目を大切にするためにも、初めてカラコンを使う時は装着時間に注意してほしいのです。

 

また、初めてではなくても、1週間以上カラコンを付けていなかった場合には、また短い時間から慣らすようにしてくださいね。

 

カラコンの慣らし方

カラコンの説明書には、2日目から少しずつ装着時間を伸ばすよう書いている場合もあります。

しかし、目の負担を考えると、2~3日は初日と同じ程度の装着時間で様子を見たいところです。

 

特に、短い時間でも違和感が出るような場合は、慎重に慣らすようにしましょう。

2時間付けっぱなしにしても疲れや違和感を感じないようなら、4日目ぐらいから1時間ずつ装着時間を伸ばします。

1週間かけて、8時間まで伸ばすようなイメージで慣らしていくと良いでしょう。

カラコン 画像

カラコンは付けたとたんに目が大きくなって、嬉しくなりますよね。

いつまでも付けていたい気持ちは分かりますが、無理は禁物。

目に負担をかけ過ぎて眼障害を引き起こしたら、せっかくのカラコンも使えなくなってしまいます。

 

上手にカラコンと付き合っていけるよう、ゆっくりと目に慣らすことを心がけてくださいね。

目の負担を少しでも少なくするために、カラコン初日は装着時間を短くしましょう。

少しずつ長く付けるようにしていくと、目の負担を軽くすることができます。

一週間を目安に、ゆっくりとカラコンを慣らすようにしてくださいね。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

コメントを残す

<スポンサードリンク>
サブコンテンツ

このページの先頭へ