韓国のカラコンは危険?未承認のヤバイ商品に要注意!

韓国製の未承認カラコンが世に出回って危険

などと聞いたことがありますよね?

 

未承認カラコンとは厚生労働省に高度管理医療機器として

認証されていないカラコンのことです。

 

ちょうど1年前のことです。

韓国製の未承認カラコンをネットの通販サイトで、

宣伝していた輸入代行者が書類送検され話題になりました。

 

通常は、韓国など外国から輸入したカラコンは雑貨から高度医療機器に指定され、

厳しい審査をパスしないと、販売できなくなっているので、

安全性も確保されているのですが…

 

そのなかに紛れていたのが、韓国製未承認カラコン。

 

 

使ったら危険なのですぐに回収などされましたが、

韓国メーカーの製品は、特に安いため購入しやすく

中学生や小学生までもが使っていたりして人気なので、

未承認のカラコンがまだ中には、紛れ込んでるかもしれないし…。

 

韓国製のカラコンの場合、カラコンにによった失明や眼障害になっても

補償や賠償に一切応じないのです。

 

カラコン自体リスクが非常に高いですが、特に韓国製のカラコンは危険なです。

 

ですが、日本で出回っているカラコンはすべて、外国の工場で作られているのをご存知ですか?

 

大半を占めているのが韓国製や、台湾製なのですが、

中でも韓国メーカーの商品は日本のメーカーが日本で作って販売するよりも

安くて、種類が豊富で若い世代には非常に人気なのです。

 

以前、食品医薬品安全庁が若い世代に人気なカラコンを

調査した結果検査した60製品中10製品が色素溶質や細胞毒性が

見つかったことがありました。

 

その中には、すごく人気なCandy magicや、Twinkle Eyes SecretSeries、

DOLLY POP、TeAmoがありました。

 

私が使っているカラコンも韓国製のカラコンで Twinkle Eyes SecretSeriesでした。

ドンキで購入したのですが、ドンキから回収命令が出ているような

ことをいわれ、回収しにきました。

 

最初に書いた通りトラブルが多いのは、韓国製や台湾製がほとんどで、

コンタクトでは後進国なので性能が良いレンズを作る技術がなく、

それに性能が良いレンズを作る技術を高めるよりも、

若い世代に人気で安いコンタクトを作る方をとってしまってるように思います。

 

先進国である欧米で作られたカラコンの方が安全かと思いますが、

韓国や台湾製の中でも安全なカラコンはあるので、韓国製未承認のカラコンを購入するのと、

やたら安いカラコンを購入するのはならべく避けるようにしましょう。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

コメントを残す

<スポンサードリンク>
サブコンテンツ

このページの先頭へ