カラコン使用に潜む角膜潰瘍の危険…異物感を放置しないで!

カラコンは使い方によっては、角膜潰瘍という病気を引き起こしてしまう危険があります。

角膜潰瘍にかかると、目に異物感を感じたり、痛みや充血などの症状が出てきます。

治療が遅れて重症化すると、角膜に穴が空いてしまうことも…。

そうなると、失明する可能性もありますよ!

治ったとしても、視力低下などの後遺症が残るリスクもありますから、恐いですよね。

カラコン 画像

角膜潰瘍は、予防と早期発見が大事です。

大切な目を傷つけないために、原因や予防方法を勉強しましょう。

 

角膜潰瘍はどうして起こる?

角膜の表面の上皮が傷つくと、角膜びらんといって、上皮の一部がめくれて擦りむいたような状態になります。

これが更に進行し、上皮の奥にある角膜実質にまで傷が付いてしまった状態が、角膜潰瘍です。

角膜潰瘍は、目に異物が入ることによって起こります。

その原因として、最近非常に増えているのが、カラコンの使用によるものなんです。

 

カラコンの使い過ぎや、付けたまま寝てしまうなどの誤った使い方をしていると、角膜に傷が付きます。

そんな状態で、ケアを怠って汚れたカラコンを付けてしまうと…

細菌やウイルスが感染して増殖し、角膜潰瘍を発症してしまう原因になるのです!

 

角膜潰瘍を予防するには

カラコンを使いたいけど、角膜潰瘍にはなりたくない!

誰だって、そう思いますよね。

では、どうしたら良いでしょう?…答えは、とっても簡単なんです。

 

カラコン使用によって引き起こされる角膜潰瘍のほとんどは、カラコンの使い過ぎや、ケア不足によるもの。

ですので、角膜潰瘍を予防するには、カラコンの装着時間を守り、正しく使用すること。

そして、きちんとレンズのケアを行うことが大事なんです。

 

カラコンは常に清潔にしておきましょう。

もしもお手入れに自信がないなら、毎回新しいものを使用できるワンデータイプがオススメですよ。

その場合でも、付け外しをする時には必ず清潔な手で行うようにしてくださいね。

カラコン 画像

そして、角膜を傷つけることのないよう、長時間の装着は避けること。

目が乾燥していると、傷が付きやすくなってしまいます。

ドライアイの人は、特に注意してくださいね!

規定の装着時間以内でも、目の疲れや乾燥を感じたら、一度カラコンを外して目を休ませましょう。

いつも大丈夫だから…と、無理をするのは禁物ですよ。

症状を悪化させる恐れがあります。

 

角膜潰瘍は、大切な目を傷つけ、後遺症を残してしまう恐れもある恐い病気です。

でも、カラコンをきちんとケアして、正しく使用していれば、むやみに心配する必要はありません。

 

とは言え、万が一の時に手遅れになることのないように、定期健診は欠かさずに。

目に異物感など、異常を感じたら、すぐに病院で診てもらってくださいね!

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

コメントを残す

<スポンサードリンク>
サブコンテンツ

このページの先頭へ