カラコンで失明!? アカントアメーバ角膜炎の原因はケア不足!

カラコンのケアを怠るとアカントアメーバ角膜炎になって、時には失明することも…。

カラコン アカントアメーバ角膜炎 画像

アカントアメーバ角膜炎は、カラコン使用者の間で急増している恐ろしい病気です。

原因は、カラコンのケア不足。

アカントアメーバが付着したカラコンを装着したために、角膜に感染してしまうケースです。

 

アカントアメーバはもともと病原性が弱いので、健康な状態なら感染することはほとんどありません。

でも、カラコンを使用していると、角膜に傷が付きやすくなってしまいます。

そのため、カラコン愛用者は、アカントアメーバ角膜炎を発症しやすい状態になっているのです。

 

アカントアメーバ角膜炎は、放置すると失明の危険もあります。

カラコンはきちんとケアをし、アカントアメーバ角膜炎の予防を心がけましょう。

 

アカントアメーバ角膜炎の症状

アカントアメーバ角膜炎は、初期には目の異物感や充血が見られたり、まぶしく感じるなどの症状が出ます。

この段階では、結膜炎などにも見られる症状で、油断してしまう人が多いかもしれません。

そのまま放置していると、強い痛みを感じたり、涙が止まらなくなったりします。

ひどくなると、夜も寝られない状態になることも…。

 

それでも治療をしないでいると、最悪の場合は角膜に穴があき、失明の危険があります。

治ったとしても、白い組織が残ってしまい、視力障害などの後遺症が残る恐れがあるのです。

 

アカントアメーバ角膜炎は、カラコン使用者に多い危険な病気です。

決して油断せず、アカントアメーバ角膜炎の恐れがあると感じたら、すぐに病院へ行きましょう。

 

アカントアメーバ角膜炎の原因はケア不足!

アカントアメーバ角膜炎は、カラコンのレンズケアの不足が原因となって起こることが多いようです。

カラコンは洗浄液を使い、毎回しっかりとこすり洗いをしてくださいね。

洗浄・すすぎ・保存が一緒になったMPSタイプの洗浄液は便利ですが、選ぶ時に注意が必要です。

アカントアメーバの消毒に効果のない商品もありますから、よく確認して購入しましょう。

カラコン 画像

また、保存ケースの手入れにも気をつけてください。

洗ったあとはしっかりと乾かして、水道水が残ることのないように!

水道水の中にはアカントアメーバがいますから、少しでも残っていると危険です。

 

カラコン使用者に多いアカントアメーバ角膜炎。

悪化すると失明の危険もある恐い病気なので、おかしいと感じたら、迷わず病院へ行ってくださいね!

また、基本的なケアをしっかりすれば、アカントアメーバ角膜炎は予防できます。

カラコン愛用者のみなさん、レンズや保存ケースはいつも清潔に。

面倒がらず、日々のケアを大事にしましょう。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

コメントを残す

<スポンサードリンク>
サブコンテンツ

このページの先頭へ