カラコンの正しい保存方法とは? 保存ケースも清潔に!

カラコン愛用者の皆さん、正しいカラコンの保存方法を守れてますか?

カラコンはレンズそのものだけでなく、保存ケースも清潔にしておくことが大事です。

これを怠ると、保存ケースの中で雑菌が繁殖してしまいます。

ひどい場合は、保存している間にカラコンにカビが生えてた!…なんてことにも、なりかねません。

カラコン 保存方法 画像

カラコンのお手入れって洗浄に気をつかいがちですが、保存方法もとっても重要。

正しい保存方法を確認して、愛用のカラコンを清潔に使えるようにしましょうね!

 

カラコンの正しい保存方法

カラコンは使い終ったら、こすり洗いをしてしっかり洗浄した後、保存液に浸して保存します。

保存ケースには、レンズが完全に浸るよう、たっぷり保存液を入れてくださいね!

そして、しっかりと蓋を閉めて、4時間以上漬け置きします。

 

保存液は、毎日カラコンを使う場合は、毎日交換してください。

長期間保存する場合は、毎日交換する必要はありませんが、効能を保つために、最低一週間に一回は交換するようにしましょう。

 

保存液は、蓋を閉めていても少しずつ蒸発してしまいます。

長期保存する時は、直射日光の当たらない場所で保管しましょう。

もしもカラコンが乾いてしまったら、もう一度浸して復活…なんてことは考えないでくださいね!

一度乾いてしまったカラコンは、レンズが変形するので、使用すると危険なんです。

 

保存ケースの洗浄、交換を忘れずに!

カラコンのお手入れで忘れがちなのが、保存ケースの管理です。

レンズをしっかりケアしていても、入れておく保存ケースが雑菌だらけでは意味がないですよね?

保存ケースは、カラコンを装着している間に、キレイに洗って乾かすようにしてくださいね。

手順としては、カラコンを装着したら、そのまま古い洗浄液を捨てて、保存ケースを水道水でよく洗います。

ケースの内側、外側、蓋の部分と、隅の方までしっかりと洗ってください。

 

洗い終わったら、風通しの良い清潔な場所で、自然乾燥させます。

タオルなどで拭いてしまうと、雑菌が付着する恐れがありますので、必ず自然乾燥で。

水道水が残らないように、完全に乾燥させてくださいね。

カラコン 保存ケース 画像

これだけキレイに洗っていても、取りきれない汚れもあります。

保存ケースは定期的に交換しましょう。

保存ケースの交換は、3ヶ月に一回が目安です。

忘れずに、新しいものと取り替えるようにしましょうね。

 

カラコンの保存方法、意外と守れていない人も多いので、要注意です。

ちょっと面倒なこともありますが、カラコンを清潔に使用するためには大事なことです。

レンズはもちろん、保存ケースの管理もしっかりと!

正しい保存方法で、カラコンをいつも清潔に保ちましょうね。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

コメントを残す

<スポンサードリンク>
サブコンテンツ

このページの先頭へ