カラコンはドライアイやアレルギーでも付けられる?

カラコンってドライアイだったりアレルギーを持っていても、付けられるんでしょうか。

カラコンはただでさえ目が乾きやすく、ドライアイだと辛そうですよね。

花粉症などアレルギーに悩まされている場合も、目に異物を入れることになるので、カラコンの装着は難しそうです。

カラコン 画像

結論から言えば、ドライアイやアレルギーだからといって、カラコンが使えないわけではありません。

もちろん、医師から使用を止められている場合は別ですが…。

ドライアイやアレルギーでなくても、カラコンを使用する前には必ず眼科へ行って、目の状態を確認しましょう。

検査を受けて、カラコンを使っても問題ないと診断されれば、大丈夫です。

 

ただし、使用には注意が必要。

レンズも、なるべく目に負担をかけないものを選びたいところですよね。

ドライアイ・アレルギーの人がカラコンを使用する際の注意点や、レンズ選びのポイントをお伝えしますね!

 

ドライアイでもカラコンは大丈夫?

ドライアイの人でもカラコンは使用できますが、やっぱり目の乾きが気になりますよね。

カラコンを使用する時は、必ず専用の目薬を常備しておき、すぐにさせるようにしておきましょう。

目薬は、眼科で処方されたものを使用するのが一番です。

市販のものを使う場合は、人口涙液という涙に近い成分の目薬が、ドライアイの方にはオススメですよ。

カラコン ドライアイ 画像

また、目の疲れも乾燥の原因になりますから、パソコンやスマホの使用など、目を酷使することは控えめに。

 

カラコンは、目が乾きにくいレンズを選ぶようにしましょう。

一般に、含水率が高いカラコンは酸素透過性が良く、品質が良いと言われていますが、目が乾きやすくなるので注意が必要です。

今は、ドライアイ用のカラコンも発売されていますから、その中から選ぶのも良いでしょう。

 

アレルギーがあってもカラコンは使える?

アレルギーの方でも、カラコンは使うことができます。

と言っても、やはり裸眼の時に比べると、かゆみや違和感が生じる可能性は高いようです。

 

アレルギーがあるけどカラコンを付けたい…と言う時は、とにかく無理をしないこと。

カラコンは目に負担をかけるものなので、アレルギー症状を感じるようなら、無理せずカラコンを外して、目を休ませましょう。

また、花粉症などアレルギーの強い時期が分かる場合は、その時期は装着時間を短くするなど、工夫するのも良いですね。

カラコン アレルギー 画像

アレルギーの場合、異物が目に入ることで症状が出てしまうので、カラコンのケアには特に注意が必要です。

ケアに自信のない人は、ワンデータイプのカラコンを使用しましょう。

長期使用のカラコンに比べると少し割高にはなりますが、常に清潔なレンズを使用できるので、アレルギー症状の軽減につながりますよ。

 

いかがでしたか?

十分に注意をすれば、ドライアイやアレルギーでも、カラコンライフを楽しめそうですよね。

レンズ選びや使用方法には気を配り、無理をしないことを心がけて、カラコンと付き合っていきましょう。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

コメントを残す

<スポンサードリンク>
サブコンテンツ

このページの先頭へ