カラコンの新素材・シリコーンハイドロゲルの特徴とは

カラコンの新素材として、シリコーンハイドロゲルが注目されています。

シリコーンハイドロゲルは酸素透過性が高く、しかも乾燥しにくいという特徴があります。

角膜に酸素を通しやすいので、目のトラブルを起こす心配が少なく、安全。

その上、目が乾きにくいなんて、画期的ですよね。

カラコン 画像

従来のカラコン素材は、酸素透過性が含水率によって左右されていました。

シリコーンハイドロゲルは、ほかの素材とは一線を画していると言えるでしょう。

でも、欠点がないわけではありません。

 

カラコンの新素材・シリコーンハイドロゲルの特徴について、メリットとデメリットを見ていきましょう。

 

シリコーンハイドロゲルのメリット

既にお伝えしたように、シリコーンハイドロゲルには、

・酸素透過性が高い

・乾燥しにくい

という、2つの大きなメリットがあります。

これを両立させたというのが、シリコーンハイドロゲルのすごいところなんですよね。

 

従来のカラコン素材では、酸素透過性は含水率に依存していました。

高含水率にすると、酸素透過性は高くなります。

しかし一方で、水分を奪われるため目が乾きやすくなるという欠点がありました。

酸素透過性の高さと潤いは両立しない…。

これが、従来のカラコン素材におけるジレンマでした。

カラコン 画像

ところが、水よりも酸素を通すシリコーンを素材に取り入れることで、このジレンマが解消されたのです。

そうして生まれた新素材が、シリコーンハイドロゲルです。

シリコーンハイドロゲルのカラコンは、レンズ自体が酸素を非常によく通すため、低含水率でも高い酸素透過性を維持できるのです。

だから、酸素透過性が高いのに目も潤う、画期的なレンズが実現できたのですね。

 

シリコーンハイドロゲルのデメリット

シリコーンハイドロゲルのデメリット、それは…

何と言っても、お値段が高くなってしまうことです。

まあ、良い製品ほど高くなるのは世の常。

製品にもよりますが、ほかの素材に比べると少し高め…という程度ですので、許容範囲と言えるのではないでしょうか。

 

ほかには、汚れが付きやすいというデメリットもあります。

特に脂質の汚れが付きやすく、しかも落ちにくいので、丁寧なケアが必要になります。

汚れが残ったままのカラコンを付けてしまうと、目のトラブルの原因になるので要注意。

レンズのケアに自信のない人は、使い捨てのワンデータイプから試してみると良いでしょう。

カラコン 画像

それから、シリコーンハイドロゲルのカラコンは、レンズが少し硬いという特徴もあります。

そのため、人によっては付け心地が悪いと感じたり、違和感を覚える場合もあるようですね。

 

このようにデメリットもあるシリコーンハイドロゲルですが、やはり高い酸素透過性と乾きにくさを実現したのは、素晴らしいこと。

カラコン初心者さんにも、ぜひ試してほしいと思います。

新素材なので、まだカラコンの種類も少ないですが、気に入ったものがあればトライしましょう!

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

コメントを残す

<スポンサードリンク>
サブコンテンツ

このページの先頭へ