カラコンの色素が露出!? ホントに恐いレンズの話

カラコンの色素が、もし露出してしまったら…

露出した色素が角膜や結膜に触れると、角膜上皮障害や結膜炎など、眼障害の原因になってしまいます。

考えるだけで恐いことですよね。

でも、カラコンの色素の露出は、ホントにあり得る話なんです。

カラコン 色素 画像

カラコンは高度管理医療機器として管理されていますが、承認された製品だからといって、必ずしも安全ではありません。

未承認の海外製カラコンに至っては、言うまでもないことですよね。

 

カラコンの色素の露出…

カラコン愛用者さんにとって、他人事ではありませんよ!

もしかしたら、あなたが使っているカラコンにも起こっているかもしれません。

ホントに恐いレンズの話、聞いてみますか?

 

使い捨てレンズでも色素が露出!?

カラコンの色素を内包する方法はいくつかありますが、その中でもサンドイッチ方式は安全性が高いと言われています。

しかし、サンドイッチ方式でも、色素がレンズの表面近くに偏っていると、露出してしまう危険があります。

 

実際にカラコンのレンズを調べると、使い捨てレンズや開封したばかりの新しいレンズでも、色素の露出が認められたケースもあるとか。

使い捨てレンズって一回ごとに新しいものを使うので、安全なイメージがありますが…

必ずしも、安心できるとは限らないんですね。

 

色素露出がもたらす恐い病気

カラコンに色素は欠かせませんが、それが露出してしまうとなると大変です。

角膜側に露出すると角膜上皮障害を、眼瞼側に露出すると乳頭結膜炎を引き起こす恐れがあります。

また、色素が露出すると、レンズの表面に凹凸ができてしまいます。

これにより、眼球が傷つくリスクもあるので、非常に危険なんですね。

 

カラコンの色素の露出、本当に恐い話ですよね。

おしゃれを楽しむカラコンで、大切な目を傷つけてしまうことのないよう、品質には十分気をつけて購入しましょう。

特に、海外製の未承認カラコンは粗悪品が紛れ込んでいる可能性が高いので、要注意です。

カラコン 画像

また、国内の承認されているカラコンでも、絶対安全とは言い切れません。

実際、レンズ表面に色素の露出が認められたケースがあるので、油断できませんよね。

 

大切な目を守るために、カラコンを使っている間は、眼科へ定期健診に行きましょう。

万一の時にも、眼障害は早期発見できれば、治癒も早くなりますよ。

 

もちろん、万全とは言えなくとも、承認された安全性の高いカラコンは、色素露出のリスクが低くなります。

品質の良いカラコンを使用し、万一に備えて定期健診に通いましょうね!

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

コメントを残す

<スポンサードリンク>
サブコンテンツ

このページの先頭へ