カラコンを購入するのに処方せんは必要ないの?

カラコンを購入するのに、処方せんは必要なのかどうか…

カラコンを初めて買う人にとって、素朴な疑問かもしれません。

実は、カラコンに限らず、コンタクトレンズを買うのに処方せんは必要ないんですよ!

ちょっと意外ですよね?

カラコン 画像

とは言え、通常の視力矯正用コンタクトレンズの場合、最初は眼科で購入する人がほとんどだと思いますが…

カラコンは、おしゃれアイテムといった印象が強いせいでしょうか。

眼科へ行かずに、通販などで購入してしまう人が多いようです。

 

これには、病院側にも原因の一端があるのだとか。

カラコンと処方せんの意外な関係、どういうことでしょうか?

 

カラコンと処方せん…薬事法の見解は

高度管理医療機器に分類されるカラコンは、薬事法による規制の対象となっています。

当然、眼科を受診し、処方せんに基づいて販売されるのもではないかと思いますよね。

でも、薬事法は処方せんに関して、「購入時には必ずしも必要でない」という見解を示しているんです。

 

処方せんがいらない、となると…

面倒な眼科受診はしなくていいや、と考える人が出てくるのは当然ですね。

カラコンの通販サイトでは、「処方せん不要!」と、デカデカと書いているところも多く見られます。

このような状況が、安易なカラコンの購入に拍車をかけているように思えます。

 

眼科医から見たカラコンと処方せん

眼科受診せずにカラコンを購入・使用する人が多い現状は、眼障害の多発を招いていて、とても危険です。

 

眼科医の中には、処方せんに基づいてカラコンを販売するよう、法整備を求める声も出ていますが…

実は、病院側にも問題が見られるのです。

 

というのは、眼科の医院の中には、処方せんの発行だけを求められた場合、拒否するところがあるのです。

つまり、処方せんを発行したら、その眼科、もしくは眼科と併設している販売店で、コンタクトレンズを購入する必要があるんですね。

これは、コンタクトレンズの診療には様々な設備が必要なので、診療報酬だけでは利益にならないという側面があるためなのです。

カラコン 画像

眼科医の事情も分からないではないですが、そうなると余計に、眼科を受診するカラコン使用者が減ってしまいますよね。

もともと使いたいカラコンが決まっていたら、眼科でそのレンズを取り扱っていないとなると…

処方せんに基づいて、欲しいカラコンを買うことはできないのです。

 

もちろん、すべての眼科医院が利益重視というわけではありません。

しかし、一部にそういった傾向が見られることも、事実なのです。

 

カラコン購入に、処方せんは必要がない…。

その事実のウラには、現在のカラコンを巡る複雑な問題が隠れています。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

コメントを残す

<スポンサードリンク>
サブコンテンツ

このページの先頭へ