カラコンが目の中で行方不明になってしまって、見つからない時は困りますよね。

もしかして目の裏側に行ったんじゃ…なんて思って、焦ったりしませんか?

でも、実際のところ、カラコンが目の裏側に入ってしまうことってあるんでしょうか。

カラコン 画像

実は、目の構造上、カラコンが目の裏側に入ることはありません。

カラコンが見つからない時は、たいてい目の中でレンズがずれてしまっているんです。

ずれたレンズがまぶたの奥などに挟まって見えなくなってしまうので、行方不明になった!と、錯覚してしまうのです。

 

もし、いくら探しても見つからないという時は、カラコンを落としてしまったのかもしれません。

心配な時は、一度眼科で診てもらってくださいね。

スポンサードリンク

カラコンが目の裏側に行くことはあり得ない?

まぶたと眼球の間には結膜があり、まぶたの裏と白目を繋いで袋状になっています。

まぶたと眼球の間のすき間は、目の裏側まで通っているわけではなく、ここで行き止まりになっているんですね。

 

なので、カラコンがずれてまぶたの裏に入っても、目の裏側に行くことはありません。

カラコンが見つからない時も、

「目の裏側に入って取れなくなった!」

と、慌てる必要はないんですよ。

スポンサードリンク

カラコンが見つからない時はどうするの?

カラコンが見つからない時は、鏡を見ながら、目を上下左右に動かしてみてください。

まぶたを引っ張りながら動かすと、異物感がするのでレンズが見つかりやすいですよ。

 

カラコンをしたまま寝てしまった場合などは、目が乾いて、眼球やまぶたの裏にカラコンが貼りついてしまっている場合もあります。

そんな時は、カラコンを付けたままさせる目薬を点眼し、水分を行き渡らせてレンズを浮かすようにします。

 

レンズがあまりにも奥の方へ行ってしまうと、自分では取れなくなってしまう場合があります。

カラコンはソフトレンズなので、まぶたの裏で折りたたまれたようになってしまうこともあり、そうなると非常に厄介なんです。

どうしても取れないという時は、無理をせずに眼科へ行って、取ってもらってくださいね。

カラコン 画像

カラコンが見つからない時は、目の裏側に入ってしまったわけではなく、レンズがずれてしまっている可能性が高いです。

目薬をさすなどしてレンズの動きを良くしながら、探してみましょう。

 

まぶたと眼球の間には結膜があるので、目の裏側へ入ってしまう心配はありません。

焦らず、ゆっくり探してくださいね。

どうしても見つからない場合や、カラコンがまぶたの奥の方へ入ってしまって取れない時は、眼科へ行って診てもらいましょう。

スポンサードリンク