カラコンの度数は視力から計算できる?

カラコンの度数って視力から計算できるんでしょうか?

カラコン 画像

カラコンの度数を表す「PWR(パワー)」は、「+3.50」とか「-2.25」のように表記されます。

プラスは遠視、マイナスが近視の度合いを示しています。

「PWR±0.00」なら度なしのカラコン。

プラスでもマイナスでも、数値が0から遠ざかるほど度数が強くなるというわけなんです。

 

視力を示す数字とは全然異なるようですが、カラコンの度数はどのように決まっているのでしょうか。

 

「PWR」=「屈折度数」の意味

カラコンの度数は、正しくは「屈折度数」といいます。

私たちの目は、角膜や水晶体で光を屈折させることによって、ものを認識しています。

屈折した光が網膜に映ったときに、ピタリとピントが合えば、ものをはっきりと見ることができるわけです。

 

近視や遠視で視界がぼやけてしまうのは、このピント調節がうまくいっていない状態。

そこで、屈折度数によって矯正します。

 

光を屈折させる力は、人によって違います。

ですので、視力が同じであっても、屈折度数が同じとは限りません。

つまり、視力の数値だけを元に、屈折度数を計算することはできないんですね。

カラコン 画像

およその数値を知るための計算式はあります。

「カラコン度数=-0.4÷裸眼視力」

この計算式にあてはめれば、自分の屈折度数が大体どのくらいなのか、知ることができます。

 

しかし、これはあくまで目安。正確な数値ではありません。

 

合わない度数のカラコンを装着すると、目に負担がかかり、視力低下を進行させてしまう恐れがあります。

カラコンを購入する時は、きちんと眼科で検査を受けて、自分の屈折度数を調べてもらってくださいね。

 

カラコンの度数はメガネの度数とも違う!?

実は、カラコンの度数はメガネの度数とも微妙に違っている場合があります。

なぜなら、メガネは目の外側に付けて視力を矯正しますよね。

カラコンは直接、目の中に入れて使うものなので、レンズの矯正力のかかり方が違うんですね。

 

メガネを持っている人は、保証書を見ればレンズの度数が分かりますが、これがそのままカラコンの度数になるとは限りません。

自己判断で度数を決めてしまうことのないよう、注意してくださいね!

 

カラコンの度数、「PWR」の意味や注意点についてお伝えしました。

 

カラコンの正確な度数は、視力やメガネの度数から導くことはできません。

度数の合わないカラコンを装着するのは危険ですから、自己判断は禁物ですよ!

カラコンの度数は、きちんと眼科で調べるようにしてくださいね。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

コメントを残す

<スポンサードリンク>
サブコンテンツ

このページの先頭へ