カラコンの2枚重ねは酸素不足を招いて超危険!

カラコンの2枚重ね…まさか、したことのある人はいないですよね?

カラコンを重ね付けすると、角膜が酸素不足に陥り、とっても危険です!

絶対にしないでくださいね。

カラコン 画像

カラコンの2枚重ねをしてしまう事例としては…

2枚重ねすることで独特の発色を楽しんたり、度ありのカラコンは高いから、透明のコンタクトに度なしカラコンを重ね付けしたい!なんてケースがあるようです。

確かに、自分なりに工夫して、市販のカラコンにない色を出すのは楽しいかもしれません。

普通のコンタクトが手元にあると、度ありのカラコンを買うのがもったいないと思えるかもしれません。

 

でも、ですよ。

 

せっかく頑張ってオシャレを楽しんでも、その後に目が病気になってしまったら、どうですか?

度ありカラコンを買うお金を惜しんだせいで、目のトラブルを起こして病院へ行くことになったら…本末転倒ですよね。

 

カラコンの2枚重ねは、角膜の酸素不足を招き、様々な眼障害の原因となる恐れがあります。

ここでは、その危険性について、詳しくお伝えしたいと思います。

 

カラコンの2枚重ねが酸素不足を招く理由

カラコンって間に色素を挟んでいるため厚みがあって、ただでさえ普通のコンタクトに比べて、酸素不足を招きやすいんですよね。

 

血管のない角膜は、空気中から酸素を取り込んでいます。

コンタクトは、角膜にとっては、酸素の供給を阻害する邪魔者なんですよね。

言うなれば、鼻をふさがれているようなもの。

これが、厚みのあるカラコンでふさがれて、しかも2枚も重なってしまうとなったら…

角膜は、もう息苦しくて仕方のない状況なんです。

 

十分な量の酸素を取り込むことができず、酸素不足になってしまった角膜…

この状況が続くと、どうなると思いますか?

 

角膜の酸素不足による眼障害の数々

空気中から酸素を取り入れることができないとなると、血液から取り入れるしかありません。

角膜の酸素不足が続くと、酸素を供給しようとして、血管が角膜へ向かって伸びていきます。

 

見た目には、ただ白目が充血しているようにしか見えませんが…放っておくと、角膜、つまり黒目の部分にまで血管が侵入します。

これは、角膜血管新生といい、とても恐ろしい眼障害です。

症状が進行すると、角膜が白濁を起こし、視力障害や失明の危険もありますよ!

カラコン 角膜血管新生 画像

ほかにも、角膜の表面が傷つき、一部が欠落してしまう点状表層角膜症や、角膜内部の細胞が死んでしまう角膜内皮障害など…

角膜の酸素不足は、様々な眼障害を引き起こします。

角膜内皮障害によって死んでしまった細胞は、二度と再生することはありません。

細胞が一定の量より少なくなると、角膜が透明性を保てなくなり、壊死することもあるのです。

 

鼻をふさがれるのとは違い、角膜が酸素不足になってもすぐには苦しさを感じませんが、後々、もっと痛い目を見ることになりますよ!

ですので、カラコンの2枚重ねは絶対にやめましょう。

 

カラコンは、色や種類が豊富にあります。

2枚重ねなんてしなくても、十分オシャレは楽しめるはず。

度ありのカラコンや、乱視用のカラコンもちゃんとありますから、危険な2枚重ねなんてせずに、自分に合ったレンズを選びましょうね!

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

コメントを残す

<スポンサードリンク>
サブコンテンツ

このページの先頭へ