カラコンで目が充血して真っ赤! 目薬で解決できる?

カラコンで目が充血して、真っ赤になっちゃった時…目薬で解決したいですよね。

カラコン 目薬 画像

充血に効く目薬というのは、あります。

さしたとたん、サッ!と充血が引いていき、キレイな白目が取り戻せるというものも。

でも…ちょっと待ってください。

カラコンによる充血を目薬で解決して、治った!と安心していると…

もしかして、目を更に危険な状態にしてしまっているかもしれません。

 

そもそも、カラコンを付けていて充血する原因をご存知ですか?

原因はいろいろありますが、最も多いのが、角膜の酸素不足です。

根本的な原因を解決しないまま、一時的に充血だけを取り除いても、角膜の酸素不足が解消されたわけではありません。

それどころか、状況はむしろ悪くなっているかもしれませんよ。

 

充血を取り除く目薬の主成分「血管収縮剤」とは

充血を取り除いてくれる目薬の主な成分は、「血管収縮剤」というものです。

これは、その名の通り、太くなった血管をギュッ!と収縮させることによって充血を抑えます。

 

先ほども言った通り、充血の原因として多いのが角膜の酸素不足。

角膜に酸素を供給しようとして、白目の血管が太く長く伸びた結果、充血が起こります。

血管収縮剤によって、無理やり血管を縮めてしまうということは…

角膜の酸素供給源を絶ってしまうことになりますよね?

角膜の側からしてみれば、こんなひどい話はありません。

息をするな!と、言われているようなものですからね。

 

しかも、角膜の酸素不足を放置しておくと、角膜血管新生や角膜内皮障害など、恐ろしい眼障害を引き起こす可能性があります。

眼障害で、視力低下や失明の危険にさらされてしまったら…

替えのきかない大切な目が、取り返しのつかないことになるかもしれませんよ!

 

充血を目薬で抑え続けると、かえって充血がひどくなる!?

繰り返しになりますが、充血を目薬で抑えても、充血の原因自体は解決されません。

角膜の酸素不足によって充血が起こっている場合、目薬の効力が切れると、もっとひどく充血することになります。

 

だって、それまで血管収縮剤によって、無理に酸素供給を抑えていたわけですからね。

効力が切れれば、今までの分も酸素、つまり血液を送ろうとして、前にもまして血管が太く長く伸びてしまいます。

その結果、充血が悪化・慢性化することになるというわけなんです。

カラコン 充血 画像

カラコンによる充血の原因は、角膜の酸素不足のほかにも、レンズの汚れや傷つき、レンズが目に合っていない場合など、いろいろ考えられます。

まずは原因を突き止め、それを解決するようにしましょう。

 

カラコンによる充血を毎回目薬で解決するのは、根本的な原因を放置することになり、目にとって大変危険です。

充血を抑える目薬を使うのは、どうしてもという非常時だけに取っておくようにしてくださいね。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

コメントを残す

<スポンサードリンク>
サブコンテンツ

このページの先頭へ