激安カラコンって一体何が危険なの?

激安カラコンは、危険なのかどうか…。

カラコンの通販サイトを巡ると、目に付く「激安」の2文字。

安いのは嬉しいけど、やっぱり危険性が気になりますよね。

カラコン 画像

「激安」とうたっているからと言って、必ずしも安全性に欠けるレンズを扱っているとは限りません。

ネット通販でショップ運営をしていれば、店舗の設営費や維持管理費がかかりませんよね。

ですので、実店舗のお店よりもネット通販の方が安いのは、むしろ普通のことなんです。

 

ただし、ほかの通販サイトと比べても、極端に安い場合は注意が必要。

そういった場合、「激安」であるウラには、別の理由が潜んでいるかもしれません…!

 

激安カラコンは未承認かも!?

高度管理医療機器であるカラコンには、承認番号が付与されています。

これは、きちんとした基準をクリアした証拠として与えられるもの。

いわば、厚生労働省のお墨付きなんですね。

 

あまりにも激安過ぎて、このカラコンあやしい…と思ったら、承認番号の有無をチェックしてください。

実は、承認番号を取得するためには、莫大な費用がかかるそうなんです。

更に、承認番号を取得することは厚生労働省の管理下に入るということなので、その後も製品には厳重なチェックが入ります。

レンズにわずか0.1mmのズレや誤差があっても許されない、厳しい世界なんですね。

ということは…製造工程でも、相当の費用がかかります。

 

つまり、承認番号が付いているということは、安全が保証される分、一定以上には安くできないはずなんです。

そのため、極端に激安なカラコンは、承認番号が付いていない可能性が高いんですよ。

 

激安カラコンは輸入品?

厚生労働省の承認を得ていない激安カラコンは、海外からの輸入品である可能性も大です。

国内の安全基準を満たしていない海外の工場で作られ、承認を受けないままのカラコンを、個人輸入代行という名のもとに販売する…。

これが、「激安カラコン」が生まれるカラクリです。

カラコン 画像

当然、そんな状況で作られたレンズは、目に障害を起こしてしまう粗悪なレンズかもしれませんよね?

しかし、きちんと承認番号を取得して保険にも入っているメーカーとは違い、そういった通販サイトで購入したカラコンには、何の保証もない場合がほとんどです。

つまり、自己責任。

もし、そのカラコンが元で目に重大な障害を負うことになっても…

保証などは一切ないので、大変な損害を被ることになりますよ!

 

「激安」は魅力的な言葉ですが、カラコンは目に直接入れるものなので、安全性が大事です。

むやみに「激安」」という言葉につられて、粗悪で危険なカラコンを購入してしまうことのないよう、気をつけましょう。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

コメントを残す

<スポンサードリンク>
サブコンテンツ

このページの先頭へ