カラコン購入の落とし穴! 個人輸入代行業者は要注意

カラコンを購入する際の危険な落とし穴…それは、個人輸入代行業者です。

 

現在、日本では、厳しい基準をクリアして承認を受けたカラコンしか販売することができません。

これは、カラコンが高度管理医療機器に分類されており、厚生労働省の管理のもとに製造・販売されているからです。

カラコン 個人輸入代行 画像

しかし、何事にも抜け道ってあるんですよね…

カラコンの販売に関しても然りで、個人輸入代行という名のもとに、海外で製造された未承認のカラコンが出回ってしまっています。

これは、あくまで「個人輸入をお手伝いする」という形を取っているので、「販売」にはあたらないんですよね。

なので、薬事法による規制の対象にならないというわけなんです。

 

未承認のカラコンは、製品の品質が保証されていないので、粗悪品である可能性も否定できません。

カラコンを通販で購入する際には、そのショップが個人輸入代行業者でないかどうか、サイトの注意書きなどをよく確認してくださいね!

 

個人輸入代行によるカラコンの購入はなぜ危険?

高度管理医療機器であるカラコンは、薬事法の規制の対象となっており、厚生労働省の管理下にあります。

高度管理医療機器は、製品に何らかの不具合があった場合、人体に重大な損傷を与えかねないもの。

そのため、厳しく管理されているんですよね。

 

しかし、個人輸入代行という形で流通しているカラコンは、それらの規制の網をすり抜けてしまった製品。

当然、国内での検査は何ら受けておらず、品質の保証がない製品と言わざるを得ません。

カラコン 個人輸入代行 画像

もちろん、個人輸入代行によって購入できるカラコンが全て粗悪品とは限りませんが、承認を受けていない以上、そこには何らかの理由があるはず。

コスト削減のためか、そもそも品質が基準に達していないのか…

理由としては、そういったことが考えられますよね。

 

もしも承認を受けないカラコンを装着して、そのカラコンが粗悪品だったら…

大切な瞳に、取り返しの付かない障害を負ってしまう可能性もありますよ!

 

個人輸入は「自己責任」

しかも、個人輸入代行によって購入したカラコンが原因で眼障害になっても、業者に責任を問うことはできません。

個人輸入は、購入者本人の判断で行うため、全て「自己責任」。

業者は、ただ購入の手続きをお手伝いするだけ…というスタンスなんですよね。

 

個人輸入代行業者は、「激安」を売りにしているところも多く見られます。

でも、個人輸入代行で安いカラコンを手に入れたとしても…

眼障害になって病院に通う羽目になったら、時間もお金も、もっとかかってしまいます。

 

個人輸入代行は、承認を受けていないカラコンが流通してしまう、カラコン購入の落とし穴。

購入は自己責任ですから、何かあっても保証がないので要注意です。

目先の安さに惑わされることのないよう、カラコンの個人輸入代行業者には、くれぐれも気をつけてくださいね!

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

コメントを残す

<スポンサードリンク>
サブコンテンツ

このページの先頭へ