カラコンのフチありとフチなし、どっちがオススメ?

カラコンのデザインって多種多様ですが、大きく分けてフチありのものと、フチなしのものがありますよね。

フチとは、カラコンの着色部の一番外側に、ぐるっと一周引かれたラインのことです。

太かったり細かったり様々ですが、ラインがあるものがフチありカラコン、ないものがフチなしカラコンです。

カラコン 画像

オススメはどちらのレンズなのかと言いますと…これ、人によって違います。

というか、時と場合によりけりというところでしょうか。

 

フチありカラコンとフチなしカラコン、それぞれに特性がありますので、使うシーンに応じて使い分けていただくと良いと思います。

これからその特性についてお伝えしますので、ぜひカラコン選びの参考にしてくださいね!

 

フチありカラコンはデカ目効果バッチリ!

とにかく目を大きく見せたい、クッキリ見せたい!…という人には、断然フチありカラコンがオススメです。

フチありカラコンを付けると、クッキリしたラインで瞳が囲まれることになるので、デカ目効果は抜群なんです。

 

外国のお人形のような、いわゆるドール系の顔になれるカラコンなので、派手めのファッションとの相性が良いですよ。

ちょっと気合いを入れて出かける時や、とにかく強い印象の目元にしたいという人にオススメです。

ただし、欲張りすぎて着色直径の大きいレンズを付けると、宇宙人になっちゃった…なんてことになりかねないので、気をつけてくださいね。

 

フチなしカラコンでふんわりハーフ顔に!

フチなしカラコンは、フチありに比べると、そこまで瞳がクッキリとはなりません。

もちろん、目の色を変えたり、目を大きく見せる効果はちゃんとあるんですが、ぐるっと囲むラインがないので、瞳に自然に馴染みます。

全体にふんわりとした印象の目元を作ってくれるのが、フチなしカラコン。

もともと顔立ちがハッキリした人なら、フチなしカラコンで憧れのハーフ顔にもなれちゃいますよ!

カラコン 画像

フチなしカラコンは、自然に違和感なく目の印象を変えてくれるので、付けてることがバレにくいというメリットもあります。

なので、周りに気づかれずに、ナチュラルに盛りたい人にオススメ。

学校や職場など、カラコンを付けにくい場所でも、フチなしカラコンなら大丈夫です。

普段使い用のカラコンとして、ぜひ手元に置いておきたいアイテムですね。

 

カラコンのフチありとフチなし、それぞれに特徴があって、使いたい場面が違ってきます。

いろいろ試して、自分に合うレンズを探してみてくださいね。

その日の気分やファッションに合わせて使い分けると、より一層オシャレが楽しめますよ!

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

コメントを残す

<スポンサードリンク>
サブコンテンツ

このページの先頭へ