カラコンとサークルレンズって違いはあるの?

カラコンとサークルレンズの違いって、ちょっと分かりづらいですよね。

そもそも、サークルレンズもひっくるめて、まとめて「カラコン」と言ってたりすることが多いので…

違いというよりも、「カラコンの中にサークルレンズという種類がある」という感じになってきているかもしれません。

カラコン 画像

たとえば、眼科でも取り扱いのあるワンデーアキュビューディファイン。

これは、サークルレンズです。

でも、「カラコンを付けたい」と言って眼科へ行くと、ワンデーアキュビューディファインをおすすめされたりするんですよね。

 

カラコンって、本来の用途は「瞳の色を変える」ことにあるはずですが、今では派生的な効果である「瞳を大きく見せる」ことに重点が置かれています。

なので、普段「カラコン」と呼んでいるものも、実は「瞳を大きく見せる」ことに特化した、サークルレンズであることが多いんですよね。

 

カラコンとサークルレンズの違い

先ほども書いたように、カラコンはもともと、「瞳の色を変える」コンタクトです。

色は赤や青、紫など、様々な色が揃っています。

 

これに対して、サークルレンズは黒や茶など、自然な色のレンズがほとんど。

ほかには、せいぜいグレーくらいで、奇抜な色はありません。

 

これは、サークルレンズの使用目的が「瞳を大きく見せる」ことにあるからです。

もちろん、色が付いている以上、もともとの瞳とは少し違った色合いになりますが、自然な色なので違和感はあまりありません。

自然に見せつつ、デカ目効果が期待できるのが、サークルレンズなのです。

 

主流はサークルレンズ?

そうなると、今の主流はサークルレンズのような気がしますよね。

もちろん、コスプレをしたり、本格的にハーフ顔を目指す人の中には、カラフルなカラコンを付けている人も多いですが…

どちらかと言えば、瞳の色はあまり変えずに、大きく見せたいという人が多いのではないでしょうか?

 

何より、派手な色のレンズを付けると、「カラコンを付けている」ということがハッキリ分かりますからね。

今は、アイメイク感覚でカラコンを楽しむ人が多いので、学校や職場でも違和感なく付けられる、自然な色が人気なんです。

カラコン 画像

カラコンとサークルレンズの違いについて、まとめると…

カラコンは、瞳の色を変えるもの。

これに対してサークルレンズは、自然な色のまま、瞳を大きく見せてくれるものです。

 

違いと言っても、今ではサークルレンズも含めて「カラコン」と呼ぶことも多く、カラコンの一種とされているようなものですね。

ナチュラルに盛れるサークルレンズは、通勤・通学時にも付けられるので、大人気です。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

コメントを残す

<スポンサードリンク>
サブコンテンツ

このページの先頭へ