カラコン依存症が急増中! あなたは大丈夫?

カラコンで依存症になっちゃう女子が急増しているそうです。

あなたは大丈夫ですか?

カラコン 画像

今やギャルに限らず、OLや主婦の間でも大人気のカラコン。

メイク感覚で楽しむ人も多いようです。

でも、日常的に使っていると、カラコン付けてる顔が普通になり過ぎて…

カラコンを付けてないと自信が持てない! 人前に出られない!

という強迫観念にかられてしまうんですよね。

 

一度カラコンを付けると、デカ目効果に感激するけど、外した時の落差も大きく感じてしまうようです。

「あれ、私ってこんなに黒目、小さかったっけ…」

なんて思ってしまったり。

それは、カラコン依存症の入口かもしれませんよ!

 

カラコン依存症がもたらす危険

おしゃれの一環としてカラコンを楽しめているなら良いけど、依存症になっちゃうと、外したくても外せない!というジレンマに陥ってしまいます。

ひどくなると、友達や彼氏と旅行に行っても、相手が起きているうちは外せない…なんてことも。

そんな状態では、装着時間を守ることができないですし、うっかり付けたまま眠ってしまったりしたら大変!

カラコン依存症は、精神的にも辛く、目にも負担をかけてしまうんですよね。

 

いくらカラコンをしている自分の方が自信が持てるとは言っても、心を許している相手の前でも外せない…となると、問題ありです。

自分の意思で、付けたい時にカラコンを付けて、外したい時は外す。

当たり前のことですが、そんなふうに自由に、カラコンを楽しみたいものですね!

 

カラコン依存症にならないために

カラコン依存症にならないために、ちょっとしたポイントをお伝えします。

既に依存症になっちゃってるかも…という人も、改善するために参考にしてくださいね!

 

まず、意識的にカラコンを付けない時間を作るようにしましょう。

知っている人に会うのがイヤだったら、最初は知り合いがいないような場所へ、1人で出かけてみるのでもかまいません。

「カラコンを付けていない状態」が普通なんだ、と思えることが大事です。

どうしても抵抗のある人は、黒目の上下のアイラインを濃く引くようにすると、カラコンなしでも黒目がちの瞳に見せられますよ!

カラコン 画像

着色直径が小さめのカラコンに変えるのも、良い方法です。

デカ目カラコンは確かに盛れますが、その分外した時との差が激しくて、どんどん外せなくなってしまいます。

普段はアキュビューディファインなどの控えめなカラコンにしておいて、デカ目カラコンはちょっと派手なメイクを楽しみたい時に付けるなどすると、気分も変わって楽しめますよ!

 

カラコンは、手軽に目力アップできる、素敵なおしゃれアイテムです。

でも、依存症になってしまうと、せっかくのおしゃれが心から楽しめないですよね。

そんなことにならないように、適度な距離を持って、カラコンと上手に付き合っていきましょう!

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

コメントを残す

<スポンサードリンク>
サブコンテンツ

このページの先頭へ