カラコンは何歳まで? 使える年数に限りはあるの?

カラコンって何歳まで使えるんでしょうか?

若いころからカラコンを愛用している人にとっては、使える年数に限りがあるのかどうか…なんてことも、気になりますよね。

カラコン 画像

結論から言えば、カラコンを使うのに年齢や、年数の明確な制限はありません。

正しい使用方法を守り、眼科での定期健診を欠かさなければ、何歳まででも使っていて良いんですよ!

 

ただし、カラコンは目に負担をかけるもの。

日常的に使用しているとその負担が大きくなって、使えるレンズが限られてきたり、場合によってはカラコン自体使えなくなるというケースもあります。

これは、個人差があることなので、何年使っていたら危険だとか、何歳を超えたら使えないというようなことは言えないのです。

 

年をとるとカラコンが使えなくなる!?

残念ながら、年をとってカラコンが使えなくなった…という例は、あります。

これにはいくつかのパターンがあります。

 

ひとつは、アレルギー性結膜炎の症状が出てしまい、痒みやレンズの汚れがひどくなって止めざるを得なくなるというもの。

使用を開始してから数年~10年ほど経っている人に多いパターンです。

使い捨てタイプのカラコンにすると改善されますが、それもやがて使えなくなり、やむなくカラコン卒業…となる人もいるのです。

 

また、ドライアイがひどくなってカラコンが使えなくなる場合もあります。

年をとると涙の量が減ってしまうので、カラコンを付けているのが辛くなります。

特に女性の場合、更年期障害によるホルモンバランスの変化などで、ドライアイの症状がひどくなるケースがあります。

あまり目が乾くと、痒みなどの不快感も伴ってくるので、カラコンはやめてメガネに移行する人も多いようです。

カラコン 画像

最後に、ちょっと怖い話ですが、角膜内皮細胞が減りすぎたために、眼科医からカラコンの使用を止められることがあります。

これは、カラコンを付けていることによって、角膜が酸素不足に陥ってしまうことが原因。

酸素が足りないために、角膜の内側にある角膜内皮細胞が死んでしまうことがあるんですね。

角膜内皮細胞は再生することがなく、減りすぎると視覚障害や、失明の可能性もあるので危険なんです。

 

カラコンと長く付き合っていくために

年齢とともにおしゃれの仕方が変わって、カラコンを卒業するのなら良いですが、病気などでカラコンを使えなくなるのは寂しいですよね。

カラコンと長く付き合っていくために、装着時間を守る、付けたまま眠らない…など、基本的なことをしっかりと守りましょう。

 

カラコンは、目が健康な状態であれば、年齢制限なく使えるアイテムです。

何歳までとか決まりはないので、大人女子の皆さんも安心して、堂々と使ってくださいね!

 

ただ、上記のような症状が出るのには、個人差がありますので…

正しい使用方法を守りつつ、眼科の定期健診も欠かさないよう、気をつけましょう。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

コメントを残す

<スポンサードリンク>
サブコンテンツ

このページの先頭へ