カラコンが原因となって起こる目の病気、角膜浸潤を知っていますか?

レンズが汚れたまま装着したり、規定時間を超えて長時間付けっぱなしにするなど…

カラコンの誤った使用法が、角膜浸潤を引き起こします。

角膜浸潤 画像

眼科を受診せず、ネットなどでカラコンを購入してしまう人も多いですよね。

でも、安易にカラコンを購入し、いい加減な使い方をしていると…

目に深刻なダメージを負ってしまう可能性がありますよ!

 

悪化すると角膜潰瘍になったり、失明の恐れも出てくる角膜浸潤。

カラコン愛用者の方には、ぜひ知っておいてほしい病気です。

スポンサードリンク

角膜浸潤ってどんな病気?

角膜浸潤とは、角膜に傷が付き、角膜上皮や角膜実質に炎症が起こってしまった状態を言います。

初期には、強い痛みや充血、涙が出るなどの症状が現れます。

 

悪化すると角膜上皮の一部が欠けたり、より深い層へダメージが進んでしまう角膜浸潤。

症状が出たら、すぐに病院へ行ってくださいね!

放置して角膜実質にまで深い傷ができてしまうと、角膜潰瘍になって、失明の危険も出てきます。

失明までいかなくても、白く濁った部分が残り、視力が低下してしまうことも…。

角膜浸潤 画像

角膜浸潤はカラコンを使っている人に多く、また、気付かずに悪化してしまうケースも見られます。

なぜ、カラコン使用が角膜浸潤を引き起こすのか、お伝えしますね!

スポンサードリンク

カラコンの誤った使い方が角膜浸潤の原因に!

カラコン使用者に角膜浸潤が多いと言っても、その多くは、誤った使用法が原因となっています。

酸素透過性の低い粗悪品の使用や、長時間に渡る装着、レンズケアの不足など…

はっきり言って、カラコンを使う上でやってはいけない、当たり前のことばかり。

しかし、カラコン愛用者の中には、その当たり前のことが守れていない人も多いようです。

 

通常のコンタクトレンズと違い、カラコンはおしゃれアイテムとしての要素が強いですよね?

瞳の色を自由に変えたり、目を大きく見せられるカラコン。

手軽に盛れる、とっても便利なアイテムですよね。

でも、おしゃれアイテムというイメージだけが先行して、カラコン使用に対する注意が欠けてしまうことが多いのも事実です。

 

おしゃれのために付けるとしても、目の中に入れるカラコンは、取り扱いに注意が必要。

購入前に眼科を受診するのはもちろんのこと、使用時間や使用方法をきちんと守り、清潔に扱うことが必須です。

 

また、ソフトコンタクトレンズであるカラコンは、角膜浸潤になっても気が付きにくい場合があります。

カラコンが角膜を覆っていると、痛みが抑えられて自覚症状が出ないことがあるのです。

 

カラコン使用が原因で角膜浸潤にならないように、使用時間や使用方法を正しく守ってくださいね。

万が一角膜浸潤になった場合も、定期健診を受けていれば早期発見できますよ。

自分では気が付きにくい場合もあるので、注意しましょう。

カラコンは、正しく慎重に使用して、健康な目を守りましょうね!

スポンサードリンク