カラコンの使用期限による違いとは?

カラコンって1日使い捨てのワンデータイプから、1年使用が可能なものまで、使用期限が様々ですよね。

使用期限によって、レンズにはどんな違いがあるのでしょうか?

カラコン 画像

カラコン初心者の皆さんにとって、カラコンをどんな基準で選んだら良いのか、困ることが多いと思います。

特に、色やデザインと違って、使用期限って好みだけでは選べませんよね。

コストも大事ですが、安全性はもっと大事。

安心して使えて、コスパも良いレンズを選びたいと、誰もが思うところです。

 

カラコンは、使用期限によっていろいろと違いがありますが、どれが一番ということは言えません。

使い方や使う頻度によって、合うレンズは変わってきます。

それぞれのメリットとデメリットを把握して、自分に合う最適のレンズを探してみましょう。

 

手間いらずのワンデーカラコン

まずは、眼科でも処方されることの多い、ワンデーカラコン。

なぜ眼科医に支持されているかと言うと、一回ごとに新しいレンズを使うため、簡単で清潔に使用できるから。

ケア不足による細菌感染などの心配がなく、眼病のリスクが低いんですね。

毎日のお手入れが面倒なズボラさんや、ケアに自信のない初心者さんにおすすめの、とにかく手軽なレンズです。

 

その代わり、長期使用できるものと比べると、どうしても割高にはなってしまいます。

買い替えの手間や、在庫をストックしておくスペースが必要になるのも、ワンデーカラコンのデメリット。

そのため、最初はワンデーカラコンを試して、後から長期使用できるレンズに移行する人も多いようです。

 

1年使用のカラコンはコストパフォーマンスが魅力!

1年使用のカラコンの最大のメリットは、何と言ってもコストパフォーマンス。

きちんとお手入れさえすれば、お気に入りのカラコンを安く、長く使用できますよ!

あれこれデザインを試すより、愛用のカラコンを毎日使いたい…というこだわり派には、1年使用のカラコンがおすすめです。

カラコン 画像

ただし、毎日のケアは怠らないよう、気をつけましょう。

カラコンは、使うたびにきちんと洗浄し、清潔に保存しておくことが必要です。

保存ケースの手入れや、定期的なタンパク除去も欠かせません。

もし、こういったケアを続ける自信がない場合には、使い捨てタイプを選んだほうが良いでしょう。

 

また、1年使用のカラコンは、落としたりなくしたりしたら大変!

ショックが大きいですよね。

そういった意味でも、とにかく慎重な取り扱いが必要なんです。

 

2週間タイプ・マンスリータイプのカラコンは?

カラコンの使用期限は、ほかにも2週間タイプ・マンスリータイプなど、いろいろあります。

これらのレンズは、良くも悪くも、ワンデーカラコンと1年使用カラコンの中間。

お手入れの手間が少なく、比較的清潔に使うことができますが、一方で、寿命が短い割にはケアが必要とも考えられます。

 

また、使用期限は使った日数ではなく、開封してからの日数になるので、使わない日が多いとコストパフォーマンスが落ちてしまいます。

集中して使う期間が決まっている人や、ワンデーカラコンは高すぎるけど、ケアにも少し不安があるという人におすすめのレンズです。

 

使用期限によるカラコンの違いをまとめてみました。

こちらを参考に、ぜひ自分に合うレンズを見つけてくださいね!

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

コメントを残す

<スポンサードリンク>
サブコンテンツ

このページの先頭へ