カラコンの安全性に関わる色素内包性って? 確認するには?

カラコンの安全性に関わる色素内包性についてご存知でしょうか。

言葉がちょっと難しいかもしれません。

色素内包性とは、カラコンの色素がどのようにしてレンズに入っているかということなんです。

カラコン 画像

カラコンは通常のコンタクトレンズと違って、レンズに色が入ってますよね。

色がなければカラコンの意味がないわけですが、もしこの色素が、目に付いてしまうようなことがあったら…

すごく恐いと思いませんか?

 

そのようなことがないように、カラコンは、レンズ素材で色素を包み込むように作られているんです。

レンズに色素がしっかりと内包されているカラコンは、安全性の高い良いカラコンと言えるでしょう。

逆に、色素が完全に内包されていなかったり、表面に露出したりしているカラコンは、使うと非常に危険です。

実際、色素内包性の悪いカラコンを使ったことで、目に深刻な障害を負ってしまった例も数多く見られます。

 

色素内包性について理解して、カラコンを購入する際の参考にしていただきたいと思います。

手持ちのカラコンの色素内包性を確認する、簡単な方法もお伝えしますよ!

 

色素内包性構造の違いを比較

カラコンの色素内包性構造には、3種類のパターンがあります。

サンドイッチ方式、浸透方式、プリント方式と呼ばれます。

それぞれの違いを比較しましょう。

 

サンドイッチ方式は、その名の通りレンズとレンズで色素をサンドイッチする形で内包します。

まず、レンズ素材に色素をプリントし、これを外側のレンズと内側のレンズで挟み込み、プレスして一体化させます。

色素をしっかりとレンズの中に閉じ込めることができるので、色素内包性に非常に優れた方式と言えるでしょう。

カラコン 画像

浸透方式は、レンズ素材でコーティングした色素を、レンズ素材に浸透させて内包します。

サンドイッチ方式に比べると、レンズ表面からの色素の距離を調整するのが難しく、コーティングが薄くなってしまう可能性があります。

 

プリント方式は、レンズ素材でコーティングした色素を、そのままレンズ表面にプリントするという方式です。

最初にコーティングしたレンズ素材のみの内包なので、色素内包性について、あまり配慮のない方式と言わざるを得ません。

 

色素内包性を確認するには

既に使用しているカラコンが、色素内包性の良いものかどうか、気になりますよね。

カラコンの色素内包性は、麺棒でレンズの表面をこすることで、簡単に確認できますよ!

麺棒に色が付かなければ大丈夫。

もし色が付いてしまったら、色素が表面に出てしまっているので、色素内包性の良くないカラコンです。

そのような場合は、すぐに使用を中止しましょう。

 

カラコンの色素内包性について解説しました。

あなたのカラコンは、色素内包性の良い安全性の高いカラコンでしょうか?

これからカラコンを購入する方も、色素内包性についてよく確認してくださいね!

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

コメントを残す

<スポンサードリンク>
サブコンテンツ

このページの先頭へ